外部講師を招いてビジネスセミナーを開催【開催時に必要なこととは】

会社によって異なる研修

女性

会社によって異なる研修

新入社員が入社し、どの会社も最初の一定期間は新入社員研修を実施するでしょう。実施期間や内容は業種や配属までのビジョンによって異なります。新入社員研修を立案する人事部においては、どういったカリキュラムを組むのが現場配属後に役に立つのか、自社の特徴や人員が募集されている部署に合わせて検討する必要があります。代表的な内容はマナー研修でしょう。一般社会の中で必要となるビジネスマナーを外部講師等を招いて行います。挨拶や名刺の渡し方、電話の取り方などは業種を問わず必要となるもので新入社員研修では必須と言えるものです。営業職などでは実際に主要な得意先の企業や地方にまつわる知識を身に付けることも有効と言えます。その他会社で使う業務の技術を広く浅く教育していくことになるかと思われますが、例えば事務職、技術職など同じ会社の中で明らかに職種が異なる場合は、ある程度の期間後に配属の適性を見極め内容を分けることも最近では主流となっています。例えばプログラマー職などでいけば具体的に言語を使ったトレーニングなどが必要ですがそれには通常で行われる新入社員研修の期間である3か月ほどでは短いと言えます。基礎を身に付ける意味では現場での仕事を交えながら半年から1年をかけて教育をしている企業もあります。一方営業職になる新入社員は一斉での研修を早めに切り上げ、先輩社員同行の上で早めに現場に触れる機会を設けるといった試みをしている企業もあります。適性の見極めを早く行うことへのリスクもありますが、現場配属後に即戦力として扱うには企業の特徴に合わせた研修を行っていくことが重要と言えるでしょう。

Copyright© 2018 外部講師を招いてビジネスセミナーを開催【開催時に必要なこととは】 All Rights Reserved.